ファイナル・レポート

期待を上回るEuroCIS2022の成功

リテール業界のテック投資はこれまでにない熱さ

88か国・9010名の来場者が33か国345社の出展者らと活発に商談

 

2022年6月2日掲載

デュッセルドルフで開催されたリテールテクノロジー業界をリードするメッセ「EuroCIS 2022」は、非常に高い成果を得て幕を閉じました。過去2年間のパンデミックによって、リテール業界のデジタル化が大きく進展したことを強く印象づける内容となりました。各社ともオムニチャネル戦略を大幅に加速させ、店舗のデジタル化に投資を行っています。

 

「展示会場全体が前向き、明るい未来を見据える空気でした。たくさんのお客様から期待をはるかに上回るもの結果だったという声をいただいております。ようやく、対面の商談に再注力ができる時期に来たといえます。」

― メッセ・デュッセルドルフ取締役 ペトラ・クルマン

 

【EuroCIS2022 開催概要】

・会期:2022年5月31日~6月2日

・来場者数 *()内は前回2019: 88か国・9,010人 (94か国・13,000人) 

・出展者数 *()内は前回2019: 33か国・345社  (39か国・482社)

・展示面積: 10,721m² (net)

 

コロナ禍によって2021年は中断を余儀なくされ、本年も1月から6月に開催延期となったうえでなおかつこれらの数字が得られたことが、明るいムードを生み出しました。

本メッセが業界に新たなパワーをもたらしたことは、出展者がすでに来年のEuroShopの一部として開催されるEuroCISの参加オプションについて熱心に尋ねていることにも表れています」

― EuroCIS プロジェクトディレクター エルケ・メビウス

 

【今回のみどころ】

今年のEuroCISは、アナリティクス、決済・チェックアウトソリューション、コネクテッドリテール、オムニチャネル、AI、顧客中心マーケティング分野におけるイノベーションに焦点をあてています。

 

直感的な操作で会計ができる売店システム、タッチスクリーン機能をもつデジタルサイネージソリューション、インタラクティブなショップウィンドウなどのソリューションに、様々な国から集まったエキスパートたちも魅了されていました。また、顧客が商品についてインタラクティブに知ることができるLift & Learn(リフト&ラーン)システムも展示されていました。これらの技術はすべて、バーチャルシェルフの拡張、顧客ロイヤリティの向上や収益の増加など、あらゆる面での付加価値をかたちづくるものです。EuroCISではまた、リテール業界の企業がサプライチェーン全体のすべてのプロセスにおいてワークフローを分析・最適化するための革新的なバックオフィステクノロジーも展示されました。

 

「EuroCIS 2022の成功は、今日の小売業においてテクノロジーの活用がいかに重要であるかを示しています。パンデミックがこの傾向をさらに加速させました。「スマートリテール」は、オンラインとオフラインを摩擦なく行き来できて、かつパーソナルなサービスを求める顧客へのお役立ちに、極めて重要な役割を担っています。」

― EHI Retail Institute理事 ウルリッヒ・スパーン氏

 

次回のEuroCISは、EuroShop 2023の一部として、2023年2月26日から3月2日までデュッセルドルフで開催されます。

 

 

EuroShop 2020

参加者の高い国際性

142か国から94,000人の来場者

世界最大の店舗設備・販売促進機材展「EuroShop 2020」(2月16日~20日)は成功のうちに終了しました。世界57か国から約2,300社の企業がそれぞれの新製品や技術を16ホールで展示発表しました。EuroShopの国際性の高さは今年も証明され、メッセを訪れた世界142か国・9.4万人のビジターのうちドイツ国外からの来場者は約70%を占めました。50名が参加した東京ビッグサイト企画によるツアーをはじめ、日本からの視察ツアーも多数あり、合計で日本からは約400名の方にご来場いただきました。

 

リテールにおける注目テーマ
今回のEuroShopでは新ホール1も使用し、前回開催の2017年に引き続き出展製品を8つのカテゴリー(=ディメンション)に分類するというホールコンセプトを採用、より効率的にブースを見て回れるようホールプランが構成されました:

  • POPマーケティング
  • ブース設営、ライブマーケティング
  • リテール技術
  • 照明
  • ビジュアルマーチャンダイジング
  • 店舗設計、店舗什器、店舗デザイン
  • ケータリング・接客用備品
  • 冷凍・冷蔵システム、エネルギー管理
  • 業務用冷蔵庫・冷凍庫、エネルギー管理設備

今回のEuroShopでは、リテールのデジタル化、オンラインストアと店舗間のサービスを結びつけるソリューションなどに注目が集まりました。

 


決定権を持つ来場者
来場者の70%が決定権を持つトップマネージメントに所属していることからも、商談の場としてのEuroShopの位置づけが改めて証明されました。併催されたプログラムのうち、出展者や大学などよりのプレゼンテーション「Best Practice Stages」やスタートアップ企業を紹介する「Start-up hub」などにも多くの来場者が訪ねました。

EuroShop 2023
次回のEuroShopは2023年2月26日から3月2日までデュッセルドルフで開催されます。情報処理、安全システムなどのリテール技術を扱うEuroCISは、単独で2021年2月23日~25日に開催されます。

 

 

お問合せ:
㈱メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニ・ガーデンコート7F
担当:ユング

T: 03-5210-9951 ・ F: 03-5210-9959
mdj@messe-dus.co.jp ・ www.messe-dus.co.jp

EuroShopウェブサイト
日本語版:http://euroshop.messe-dus.co.jp
英語版:www.euroshop-tradefair.com